疲れとストレスが肌状態の差を作る

こんにちは、エムティユールの森です。

いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)

肌力の差は、”疲れとストレス”が関わっています。

本来持ち合わせている性格によっても差はありますが、

疲れやストレスを抱えている時、脳と体がそれを受け取り、

脳には”今緊張して体が攻撃されているぞ!”思わせてしまい、

体は筋肉の収縮が起こり、肩、首、顔のコリとして自身に伝わります。

筋肉の収縮は血行不良や体内循環を悪くしてしまいます。

体内循環が悪いことによって、皮膚に肌トラブルとして表れるときもあります。

自分を取り巻く環境は簡単に変えることはできませんが、

リフレッシュできる時間を作ることは出来ると思います。

疲れやストレスで肌の調子が良くないな、

と感じた時は、時々フェイシャルエステでリラックスしてみるのもいいのではないでしょうか。

関連記事

  1. スキルアップのために

  2. ビューティーワールドその2

  3. 研修の前に立ち寄った場所は

  4. ワードプレス勉強会

  5. 行ってきましたビューティーワールドジャパン

  6. 肌トラブルについて

アーカイブ